温泉の飲用と効能

温泉の選び方|効果、効能おすすめの温泉宿

▼MENU

温泉を飲むとどれだけ効くの?

数ある温泉の中には飲用ができ、それにより効果が高まるものもあるそうです。
ただし、実際に入浴した場合と飲用した場合とでは効果に違いがあります。
例えば入浴した場合は切り傷などの改善効果があります。

そして飲用した場合だと肝機能改善に効果があるといった具合です。
尚、温泉水の全てが飲用できるというわけではありません。

泉質による成分が強すぎるものは人体にも影響を与えてしまいます。
飲用許可が出ているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

温泉に入り、お湯に浸かるのは体の外側からの効果を期待する方法です。
そして、温泉水飲用は体の中から効果を期待する方法と言えます。

長年の持病に苦しんでいる人が始める場合は飲用できるかを必ず医師と相談しましょう。
飲用する際の量ですが、高い効果を期待して多量に飲んでも得られません。

どれだけ多くとも200mlを限度に飲用しましょう。

特に子供の場合は大人と同じ量を飲ませてはいけません。
温泉水に含まれる成分による効能が子供に必要以上に強く出てしまいます。

もし子供に飲ませる場合には必ず大人の半分以下の量にしましょう。
飲むタイミングとしては食事の30分~1時間前が理想です。
ただし、飲酒後や就寝前の引用は避けましょう。

温泉に浸かっただけでは効果を感じられなくても、温泉水飲用で効果を得られる場合もあります。
飲用時の量や飲用のタイミングを間違えない様に正しく守って取り入れてみて下さい。

おすすめ温泉宿↓