温泉の効能と入浴時の注意

温泉の選び方|効果、効能おすすめの温泉宿

▼MENU

入浴時に守るべき事

毎日の生活において入浴をするということは欠かせないものです。
そして普段の入浴時と同じように温泉へ入る時にも注意事項があります。

温泉は家庭のお湯にはない様々な効能を持つ泉質があります。
その為、入浴の方法を間違えると体に悪影響を及ぼしてしまう場合があります。

まず、家庭での入浴と同じ様に運動直後や興奮状態になっている時の入浴は避けます。
入浴前の30分~1時間は十分な休憩を取り体を休ませましょう。
入浴はお湯に浸かる事により体を温め水圧もかかります。

もし体が何らかの興奮状態などになっている場合は血圧が必要以上に上がってしまいます。
そして、飲酒後の入浴は事故につながってしまう為大変危険です。

もし飲酒をする場合は入浴後体が落ち着いてからにしましょう。
空腹の状態で入浴をすると貧血につながってしまいます。

また、食事を終えた直後の入浴は消化不良になるので極端な空腹時や食後を避けて下さい。
入浴をする時間にも注意する必要があります。温泉には長い入浴がいいと考えがちです

しかし、どんなに長くても30分を限度としておきましょう。
お湯の温度との関係性もありますが熱めの温泉に入る場合は10分前後として下さい。

あまり長く入りすぎると心臓に大きな負担がかかってしまいます。
温泉の効能効果をもっと高めたいと考えている人もいるかもしれません。
その場合は入浴時間を延ばすのではなく、飲用できる温泉水を利用してみるといいでしょう。

おすすめ温泉宿↓