効能を高める温泉の入浴

温泉の選び方|効果、効能おすすめの温泉宿

▼MENU

温泉効能を高める入浴法

様々な泉質を持つ温泉に入るには効能をより高められる入浴法が望ましいですよね。
ゆったりと落ち着いて湯に浸かる為にもまずはマナーとしてしっかりとかけ湯をしましょう。

心臓から遠い位置、足下から少しずつ上に向かってお湯を掛けていきます。
ゆっくりとお湯の温度に体を慣らしていきましょう。

いきなり心臓からかけてしまうと負担が掛かってしまいます。
特に高齢者は心臓発作を起こす恐れがありますので十分に注意して下さい。

成分の強い泉質の温泉に入浴した場合普通に拭き取るだけでは効能が強いままです。
肌の弱い人は上がる前に軽く洗い流すようにしましょう。

泉質がそれほど強いものでなかったり肌も弱くない場合は洗い流す必要はありません。
入浴後体を拭く場合擦り過ぎてしまうと温泉の効能が弱まってしまいます。
着替えに差し支えのない程度にタオルで軽く水分を拭き取る程度にしましょう。

宿泊の場合は1日に数回入浴をするといいとされています。
但し体力に自信がなかったり体が弱い人の場合は1,2回、健康体でも3回にしましょう。
持病に悩まされている人達は治癒目的の為に温泉地を訪れ入浴するかと思います。
ですが数回入浴しただけでは効能というのはなかなか実感できません。

本来ならば1ヶ月ほどその温泉地へ通い続ける事が理想的です。
温泉地までの距離や旅費が掛かったり仕事の忙しさもあり難しいでしょう。
最初は近場で時間が取れた時に行くようにしてみましょう。

おすすめ温泉宿↓