温泉の効能と入浴方法

温泉の選び方|効果、効能おすすめの温泉宿

▼MENU

入浴方法も様々です

色んな成分を持つ泉質の温泉に入る場合は効能を高める為にも入浴法を知っておくと便利です。
どの入浴法が自分に一番適しているかを覚えておくようにしましょう。

肩まで浸かる全身入浴だとかえって体が疲れてしまうという場合はかけ湯がいいでしょう。
心臓から離れた足下からゆっくりとお湯をかけていき少しずつお湯の温度に体を慣らしていきます。
その後に肩まで浸かると温泉の効能を効率良く吸収する事が出来ます。

高い位置から滝のように一本の筋となったお湯が落ちてくるのが打たせ湯です。
お湯の出ている真ん中に立ち両肩や首筋に当てる事で心地よい刺激を与えてくれます。
また、お湯の泉質に血行促進効果がある場合などは肩凝りや首の痛み改善などに効果大です。

冷え性に悩んでいる女性には腰湯・足湯がとても便利でおすすめの入浴法です。
腰湯は半身浴の様に腰の部分まで浸かります。肩まで浸からない為心臓への負担がありません。
そして足湯は足首辺りまで湯に浸かります。双方とも長く入る事が可能です。

低温浴は通常の温度よりも温めのお湯になります。また、微温欲はそれより少し高めのお湯です。
長時間入浴は出来ないですが高温浴という熱いお湯に浸かる方法もあります。
これは数分浸かってあがる事を繰り返す方法で血行を良くしてくれます。

温泉の泉質がたくさんあるよう温泉の入浴方法もたくさんあります。
自分に最も適した効能効果を十分に発揮出来る入浴方法を選びましょう。

おすすめ温泉宿↓