皮膚病に効く温泉の効能

温泉の選び方|効果、効能おすすめの温泉宿

▼MENU

チェック!皮膚病に効く効能

温泉の泉質には皮膚病に効くものも数多くあります。
単純泉だと皮膚病改善の効果としては期待できません。
ネットの情報サイト等で事前に調べておきましょう。

血管の拡張作用や動脈硬化予防のできる石膏泉も人気のあるお湯です。
皮膚病、高血圧改善、皮膚の毛細血管の拡張作用のある炭酸泉もいいですね。
重曹泉は皮膚病改善のほかにも肌を滑らかにしてくれる効能があります。
別名美人の湯ともいわれているそうですから美肌を目指している人は利用してみるといいでしょう。

皮膚病の中には炎症を起こしてしまう場合がありその症状に悩まされている人もいるかと思います。
その場合には重炭酸土類泉と呼ばれる泉質の湯を選ぶといいでしょう。
ですが、温泉に入る前には必ず医師の診断を受け、温泉治療ができるかどうかの許可を得てからにしてください。

そして皮膚病に大きな効果をもたらし、肌の角質層に働きかけ古い角質を取り除いてくれる成分を持つのが硫黄泉です。
肌に古い角質層が残ったままだと新しい皮膚の再生が出来なくなってしまいます。
つまり肌の生まれ変わりとなるターンオーバーがうまく働いていないという事ですよね。

硫黄泉の湯に入る事で美肌作りや皮膚病改善をしていきたい人にはとても有効な方法だと思います。
ただ、古い角質というのは見た目ではわかりません。
硫黄泉の泉質を持つ温泉の湯にゆっくり浸かってつるつるすべすべとした肌に変わっていくのを実感できる事でしょう。

敏感肌・乾燥肌のあなたへ。

おすすめ温泉宿↓